通販でお中元を贈ってみよう!

>

お中元を贈る時に気をつけることは?

お中元を贈る時期は?

お中元は、一般的には夏の間に贈ります。ただ地域によって日付が少し違います。贈る前に相手の地域をよく確認しておくとよいでしょう。
■北海道…7月中旬から8月15日
■東北・関東…7月初旬から7月15日
■北陸…地域によって異なりますが新潟県や石川県の金沢地区は7月1日から7月15日。富山県や石川県の能登地区は7月15日から8月15日
■東海・関西・中国・四国…7月中旬から8月15日
■九州…8月1日から8月15日
■沖縄…旧暦の7月15日まで
上記の期間に贈るのが良いですが、もし贈れなかったとしても安心してください。
暑中見舞いや残暑見舞いとして贈ることができます。暑中見舞いは梅雨明けから8月7日頃まで、残暑見舞いは8月7日から8月31日までです。

そのほかに気をつけることは?

お中元は送る時期以外にもいろいろ気をつけたいマナーがあります。
お中元は日頃の感謝をこめて贈るあらたまったギフトなので、のしをかけて贈ります。のしは紅白の蝶結びの水引をかけます。水引の上側に「御中元」下側には贈り主の名前を表書きより小さめに書きます。
お中元を贈る時は、贈る前にお中元が届くことを送り状で知らせるのがマナーとされています。はがきでも手紙でもいいので品物が届く前に送りましょう。家族や親しい方には電話でも大丈夫ですが、贈る前に連絡しましょう。
あと注意したいのがお中元が配達される時間です。できれば相手の不在の時間帯をさけて配達されるようにしたいですね。生ものやあまり日持ちがしないものは、再配達の日によっては傷んでしまうものがあるので十分に注意しましょう。
また人気のある品物など注文した日から相手に届くまでに日にちがかかるものがあるので、前もってよく確認しておきましょう。


このコラムをシェアする